事務局からのお知らせ

ボランティアスタッフの皆さんが協会の行事や各号地の活動状況をいつでも見ることができるようにとホームページを設置しました

 このホームページは

広報、会員募集を目的とした第1ホームページ http://saitama-greenerytrust.com/

とはことなり、会員及びボランティアスタッフの皆様に

       イベントや保全活動の関する最新の情報を提供し、情報の共有をはかり

       イベントや保全活動への参加をしやすくすし、更に

       各トラスト保全地間の交流を促進することを目的に設置しています。


30年度の計画

 

1.自然に親しむ会              
                   
 昨年同様にトラスト地を会場に、自然観察会、シイタケのコマ打ち、筍掘りなど行い、
保全地の自然を体験していただき、会員獲得・ボランティアスタッフを増やしていく。
                   
                   
 ●自然観察会を1回増やす(年間13回)          
                   
                   
 ●他団体主催、地域(市町村)のイベントに積極的に参加し、クラフト工作等を  
  通じて自然に親しむ(トラスト運動)を広める。        
                   
 ●学校、企業の体験活動を積極的に進める        
   昨年:企業-埼玉懸信用金庫、JAいるま野、伊藤園、KDDI   学校-埼玉大学、
   日本工業大学、東京国際大学(ウィラメット大学留学生)      
                   
2. 緑のトラスト運動指導員養成研修によるボランティアスタッフの募集・育成
     (ボランティアスタッフリーダー)          
                   
  ・既にボランティアスタッフで活動している方へ研修参加をアプローチ!!  
                   
    広報等の工夫、既存のボランティアスタッフの皆様へのPR促進    
                   
 ● 実施時期:8月~11月  7回  (別紙 参照)        
                   
  ・研修の中で、ボランティアスタッフの方から体験談を含め意見交換を行う  
                   
3.ボランティアスタッフの研修            
                   
 保全地の保全管理に関する知識と技能を高める為、講演会・植生調査のプログラム
  の実技習得の研修を実施する。            
                   
 ●ボランティアスタッフの活動意欲向上のため、昨年同様にバス視察研修を実施する。
                   
 ●技能:昨年同様にチェンソー講習(コマツ教習所)及び、刈払機も講師を招いて実施。
                   
4.ボランティアスタッフの交流            
                   
 ●11月の交流会の他に、保全作業の応援態勢を図る(昨年3号地のホダ木づくり)
                   
  ※ 各号地全体で取り組む(トラスト祭り等の)イベントを考えていく。    
 ●号地間の連携を図り、各号地での活動情報(保全活動・観察会等)を共有する。
  Jimdoの活用(号地のホームページとのリンク等)
                   
その他 (お願い)              
                   
 ● チェンソー・刈払機を使用しての保全作業時での防具の徹底    
                   
 ● 各号地でのトラスト運動・保全地の特徴・活動のPR (ちらしの活用)  
    イメージビデオの作成            
                   
 ● 各保全地のあるべき姿(景観)への取組(保全の方向)       
  県・事務局とボランティアスタッフとの協議していく      

 



イベント実績


トラスト1号地の自然観察会とタケノコ掘り


 

テキスト ボックス: トラスト保全第1号地 『自然観察とタケノコ掘り』開催報告 

 

 

 

緑のトラスト保全第1号地(見沼田圃周辺斜面林)で行いました。

日時 4月29日(日・祝) 午前10時から14時まで        
 場所 見沼田圃周辺
 天気 晴れ

 参加 一般・会員70名、ボランティアスタッフ

33名、県職員 3名、協会 3名 

    講師 牧野副理事長、梶間代表 1・0号地ボランティアスタッフの皆様

 

 

牧野講師から『タケノコは竹の地下茎(根茎)は節ごとに根と芽を備え地中にあるうちに節が全て形成され、根に近い節から順に 伸長してゆく等』の説明を受けた後、タケノコ掘りを行いました。

 

    

 

午前中は、4班に分かれて自然観察、午後はタケノコ掘りの他に、わらじづくり、竹の工作も楽しみました。

 


13号地の自然観察会とタケノコ掘り


 

テキスト ボックス: トラスト保全第13号地 『自然観察とタケノコ掘り』開催報告 

 

緑のトラスト保全第13号地 (無線山・KDDIの森)で行いました。

日時 4月30日(振休・月)午前10時~12時まで        
 場所 無線山・KDDIの森
 天気 晴れ

 参加 一般・54名、ボランティアスタッフ

25名、町職員 2名、協会 5名 

    講師 牧野副理事長、小峯理事、安田代表、13号地ボランティアスタッフの皆様

 

2班に分かれて自然観察、タケノコ掘り&竹工作を楽しみました。 皆さん、収穫に大満足!!

 


トラスト運動指導員(ボランティアスタッフリーダー)養成研修について

7月より募集を開始いたしますので、スタッフの皆様、知人の方への

案内をよろしくお願いいたします。 



写真集

キビタキ


キジ

提供:小峯理事